なか卯の食べ方

WindowsPhoneとスマホと携帯電話サイト

未分類

ついにKDDIがauとUQmobileを統合 – 統合実施は10月1日!


いつかそうなるのではないかと言われ続けた事態が起きました。ついにKDDIのサブブランドであるUQ mobileが本体KDDIに統合されます。

 

 

 

UQ内にあったUQmobile部門を統合という表記

実はUQコミュニケーションズにはUQmobileというMVNOとUQWiMAXというMNOが存在をしていました。UQはMNOなのかMVNOなのかは非常に厄介な話でした。今回の統合によりMVNO部分であるUQmobile部門をKDDIが承継することによりau化するということになります。同時にWiMAX部門(UQ-MNO)は継続するため帯域返上は行わず継続されます。

 

UQ独自割引は継続

UQWiMAXにはUQブランドを使ってもらうと独自値引きをするウルトラギガMAX(前セット割)があります。この値引きはUQmobileとUQWiMAXを使う方に対しての適応でしたが、今回は継続になるようです。

なお、2009年2月より展開しているWiMAX事業につきましては、引き続きMVNOの皆様をはじめとするパートナー様とともに運営してまいりますので、「WiMAXサービス」は、今後も今までと同様にご利用いただけます。

https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/202005141.html

 

3年近く前から模索していた展開

あるauショップスタッフによれば、お客様へ説明する資料として使うオレンジタブレットにはUQ説明用資料が3年前ぐらいには追加されていたとのことです。内容自体は全くなく、ガワだけだったとのことですがauショップでUQを売りたいと考えていた時期があるのかもしれません。実際に私もお客様として来店をしたときに、説明を受けているときに触らせていただきUQという文字だけは見た記憶があります(間違えて右側にスライドさせてしまった結果)。

 

どこまで統合するのかは謎

■通信事業の持続的成長の実現に向けて
1. 通信サービスの営業、サポート体制強化
・「au」と「UQ mobile」の全国営業拠点を再編、統合し、地域に根付いた営業体制を構築

2. すべてのお客さまに新たな価値を提供
・料金や商品などサービス提供構造を強化し、より柔軟かつ、わかりやすいサービスの提供を通じたお客さま還元の創出
・「UQ mobile」において、ライフデザインサービス群とのシナジーを創出し、新たな顧客体験価値を提供

3. グループ事業構造の効率化
・両社で重複する業務や店舗運営の効率化
・5G本格化に向けた経営資源の効率化

会社分割に関する詳細は、「連結子会社との会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ」をご参照ください。

(注1)関係当局の認可取得を前提としています。
(注2)2020年1月26日時点。

https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/202005142.html

1 コメント

コメントは受け付けていません。