なか卯の食べ方

WindowsPhoneとスマホと携帯電話サイト

未分類

愛知県民はコロナに怯えているのかアホなのか…。いや。うつけ者です。


別に批判する記事ではなく、なぜこうなってんだろうねっていう記事なので生暖かく見守ってくれればうれしいです。

 

事の発端

Twitterのトレンドワードを見ると「愛知・天白」「コロナ」「警察出動」が出てきた現在。一時は本日サービスインの「楽天モバイル」を勢いだけで上回る事態が起きていました。場所は愛知県名古屋市天白のMUFJ銀行らしいです。まさにMUFJダイレクト…。

どうやら調べていくと下記のような状況みたいです。

※Yahooニュースになってる…。

 

 

愛知多くない?

  • コロナおじさん(蒲郡市にて居酒屋や風俗店に行きコロナをまき散らした)
  • コロナビーム(名古屋駅前にてコロナビーム☆をして迷惑)
  • 銀行で男が「コロナ」警察出動の騒ぎ(名古屋市天白のMUFJ銀行にて警察出動)←NEW

 

「ウイルスばらまく」新型コロナ感染の50代男性死亡(20/03/18)

 

 

有名になりたい気持ち?

何が愛知人を魅了するのだろうか。一言に民度とか、モラルを挙げているブログもある。確かに交通事故ナンバーワンの県であり、ウィンカーを出さずにジグザグ走行をする名古屋走りが有名だったりする。何かで見たが嫌われている県1位とか、住みにくい県とかそういうのを総なめにしているという話も聞く。ただこの件につなげていくのかというとイコールではない気はするがどうなのだろうか…。

 

閉鎖的だという記事もあるが…。

前回もトレンドワードに「愛知飛ばし」「名古屋飛ばし」が話題になっていた。これは主要都市が緊急事態宣言を出したにもかかわらず、なぜか愛知は大丈夫と…。さらに学校も休校にせず楽観的な態度をとる市長も話題になった。元々はドームツアーの時にナゴヤドームを飛ばしたり、新幹線のぞみを停車駅にしないとかいろいろな角度でこの言葉は生まれたみたい…。

 

閉鎖的な理由は流動性

これについても不明である。多分記事を書いている人は名古屋の人が多いんだろうが「GDP1%を占める」とか「主要な産業はここに集結してるから中部で最強」みたいな書き方をしていることがある。この県でほぼすべてのライフスタイルが完結するから流動性が低い。という結論だろうが本当だろうか。大型企業のほうが色々流動性は高くなるだろうし、むしろ地元産業とかそういうレベルのほうが定住する傾向が多い気がする…。逆にこの「この県つえぇ」の姿勢が嫌われる理由になる気が…。

 

バカの文化・アホの文化…。そしてうつけの文化…。

授業で「尾張のうつけ者」として織田信長を習うことがある。そもそも私の場合愛知県民ではないので「尾張ってどこ?何県?」だったわけだが当時は深く考えなかった。むしろ愛知県に仕事に来て「へー。愛知って織田信長なんだー。」ぐらいだったのである。

そんな中、「バカの文化・アホの文化」を検索していた時に、唐突と愛知飛ばしが出てきたのを覚えている。東日本や西日本では「アホ・バカ」を使うが、名古屋は結局「うつけ者」なのである。メディアが発達して現状では「うつけ」なんて使うことがないとは思うが、歴史を見ても愛知は若干特殊な言葉の進化をしてきたと思えた。そう考えると閉鎖的というのもうなづける反面、逆に前項にあるような現在の愛知の産業によって閉鎖的になっている。というのは間違いにも見えてくる。

 

話は元に戻るがコロナの影響でバカになるのはやめましょう

いくら有名になりたい。先が身近い、この人が嫌いだ。いろいろな事情があったとしても他人に物理的に迷惑をかけるのはやめましょう。やればやるほど笑われますからね…。