なか卯の食べ方

WindowsPhoneとスマホと携帯電話サイト

楽天無料サポータープログラム(楽天MNO)

楽天モバイルが100万人を達成!しかしAndroidユーザーは半分程度に…。


楽天モバイルは6月30日、MNOサービス「Rakuten UN-LIMIT」の契約申し込み数が100万回線を突破したと発表、4月8日からスタートして約3ヶ月での達成となる。

\ 約3ヵ月で100万回線突破!残り200万回線!/

楽天モバイルが100万回線を突破

「Rakuten UN-LIMIT」は月2,980円、楽天回線エリア内のデータ通信は無制限。音声カケホーダイアプリ「Rakuten Link」を利用した場合、国内通話も無制限でカケホーダイとなるのが特徴。しかし、データの無制限は現在のデータ通信対応エリアは著しく狭く、今年中には全国展開を望まれている。au回線だけでも月間5GBあり、それだけでも満足が行く内容ではあるが加えて電話カケホーダイがついているために、他社MVNOに対しては優位に働いている。

 

現在60万回線程度の予測は外れた

今回、楽天モバイルより回線数の発表が行われた。今までは回線数の発表は行われたことが無く、どの程度の契約数があるのかは未知数だった。この問題を解決する指標として、GooglePlayによる「Rakuten Link」のダウンロード数を見るのが一般的だった。

現在の数値では50万インストール超となっている。この指標は楽天モバイル(MNO)のユーザーはRakuten Linkを入れているだろうという予測の元入れている。デバイスを購入した場合には否応なしにインストールされているとともに、キャンペーンなどでRakuten Linkで発信がしたことがある事などが盛り込まれていたからだ。

 

物理SIMだけ発行が一定数居るということ

eSIMの発行を願った場合には、RakutenMiniの購入をしておくほうがキャンペーン適用条件などもあり、優遇された。わざわざeSIMの発行を願う人達はiPhoneXR以上のiPhoneを持っていると限定されるが、今回はこの限りではないようだ。逆にAndroidの場合ならばRakuten Linkのダウンロードをすれば電話はカケホーダイになるはずである。

  • 電話は要らないのでデータ無制限を使いたい
  • 楽天MNOに対応した周波数を利用している端末を所持
  • iPhoneXR以前の物理SIMでの利用をしているユーザー

上記に当てはまるユーザーが一定数居るというのがわかる。

 

3か月で100万回線!思ったより早く300万回線達成!?

基本料金無料キャンペーンは限定300万回線までとなっている。今回3か月で100万回線が達成されたが、今後この動きが加速していくならば早ければ3か月、遅くとも年内までには300万回線が達成される可能性が出てきた。確かに無料でauの回線が5GB/月ついてくるとともに、電話カケホーダイの番号が1つついてくるのであればビジネス用途や、何か別の用途でも使える可能性があり便利である。このキャンペーン中に契約してみては如何だろうか。

\紹介コード「2020012801222」の入力で2,000Pプレゼント/

※紹介コードの入力をしても個人情報が共有されることはありませんのでご安心ください。