au Xperia1 SOV40が一括3万円以下確定!?@欲しいスマホは3万円以下の時代

投稿者: | 2020年2月4日

限定的にはなりますが最近のスマホ事情は一部の回線切り替え案件であればすごい熱い時代になってきました。ただし2月1日をもって「新規・・機種変更」における割引の適正化が入っているっぽいので正直案件としては良いのか悪いのかは不思議なこの微妙な時期になっています。今回は12月から継続されているSOV40について話していきましょう。

 

そもそも現時点でSOV40に割引がついている

Twitter等でも提出済みな状況ですが、他社MNP及び機種変更時に3Gからの切り替えで60000円(税込み66000円)の割引きがあるのが一般的のようです。また乗り換えの場合にはさらに割引が上乗せされているので下記の通りになります。

 

1 (税抜104,000円)

②3G回線からの切替値引き(税抜▲60,000円)

③MNPで他社を利用されている(税抜▲10,000円)

④学割 or 複数台 or 独自値引き(税抜▲5,000~10,000円)

① – (②+③+④) = 税抜24,000円

 

 

3Gからの回線切り替え値引きに規制が入っている可能性

少し前までは「MNP一括0円」が家電量販店の主流でしたが、現時点でこれが規制され22,000円までの値引きになっています。しかし3G回線を少しでも少なくしたいキャリアと早く4G LTEに回線切り替えを行いたい(あわよくば5Gにしたい)国の意向として、この22000円値引き規制は3Gからの回線変更は対象外となっています。

その為に「他社3G携帯からの乗り換え(MNP)で一括0円」のような旗振りが可能になっています。しかしやりすぎたのでしょうか?この値引きが2月より若干の規制が入っているみたいです。もしかしたら3番の値引きがすでにできないのかもしれません。それでも34000円程度でハイスペックスマホが買えるのであれば問題ない気がしますけどね^^

 

最近はスマホは2極化していて安いレベルであれば3万でハイスペック機が買える

どこまで許容するのかと、どのように購入するのかにもよりますが高いスマホを定価で購入するのであれば10万程度が当たり前です。SOV40もこの10万スマホであり、現時点でXperia5/8が出たとしてもスペック上Sonyの最高位の端末です。確かに巷ではOPPO RenoAやGalaxy A30などが3万円で購入できますが、ミドルレンジスマホと呼ばれる中間層のスペックであり満足は行く端末ですが、驚きがない端末です。何を買いたいかにはなりますが最近の事情として買い方が限定的になりますが3万円で欲しい端末が買える時代になってきたのかもしれません。