iPhone11予約が早ければ手に入れられるのは早いのか!?

投稿者: | 2019年9月13日

巷ではiPhone11の予約が本日9月13日の21時より開始され、Twitterなどでも報告が上がるなどホットな話題です。ただここで早く予約をしたから早く手に入るのかという疑問と、なぜ人は予約したはずなのに店頭に並ぶのかという疑問が生まれてきます。今回はそんな疑問を見てみることにしましょう…。

それでは本編行ってみましょう!!

 

予約をする意味

iPhoneを予約する意味はなぜだろうか。iPhoneが早く欲しいからだろうか…。いいえ。それは違う。あくまでも予約の意味はiPhoneをもらえる権利を獲得するということである。すなわち早く手に入るとは限らない。あくまでも商品が手に入る権利を得る行為が予約であり、早く手に入れることではない事を理解しなければいけない。

 

なぜ1番初めに予約した人が1番初めの購入者ではないのか

この部分はグレーだと思われるが、販売店によって顧客に優劣がついている。例えば長期優遇者や、乗り換えの人、機種変更の人など販売店が欲しい顧客を先に囲い込むのは優先順位としてあり得る可能性。やっているとは限らないが、顧客情報の優劣はついていると思われる。また高容量の商品や手に入らない色味などAppleの状況によっても左右されることからも、一番初めに予約した人が一番初めの購入者になる可能性は低い。

 

最も速く手に入れる方法はただ一つ

発売日に店頭に並ぶことしかない。そして思い違いを正さなければいけない。予約は商品を確実に手に入れる方法であり、早く手に入れる方法ではないということだ。だからこそアップルストアに並ぶ人たちは頑張って手に入れている。頑張らずに手に入れようと予約した人たちが早く手に入れる方法は、その並んだ人たちよりも後になるのは何となくわかるだろう…。