Uber宅配員必見!? – 大須で見つけたアレなもの

投稿者: | 2019年1月28日

前回なか卯さんのU11にバッテリ異常が出たことを記事にしました。これは寒い中走り続けるuber宅配員の宿命なので諦めるしかないのが現状です。そんな中、愛知の秋葉原である大須電器街で夢のような端末が夢のような価格で売っていたのです!!?

au KYV35 g02

 

スペック

京セラ公式ページより下記引用

国国防総省が定める耐久試験MIL-STD-810G の19項目に京セラ独自の耐久試験2項目を加えた21項目に準拠した高い堅牢性。

防水(風雨、浸漬、雨滴) 降雨量1.7mm/min、6方向各30分間の降雨試験および、約1.5mの水中に30分間浸漬する試験、高さ1m雨滴(15分)の防水試験を実施。
防塵 連続6時間(風速8.9m/sec、濃度10.6g/m3)の粉塵試験を実施。
耐衝撃(落下、衝撃) 高さ約1.5mから26方向で合板(ラワン材)に落下及び、40Gの衝撃を6方向から3回与える試験を実施。
耐振動 3時間(3方向各1時間/20~2,000Hz)の振動試験を実施。
耐日射 連続20時間1,120W/m2の日射後、4時間offを10日間繰り返す試験を実施。
防湿 連続10日間(95%RH)の高湿度試験を実施。
温度耐久(高温動作/保管、低温動作/保管、温度衝撃) 動作環境:-21℃/50℃で各連続3時間、保管環境:-30℃/60℃で各連続4時間、-21~50℃の急激な温度変化で連続3時間の温度耐久試験を実施。
低圧対応(低圧動作/保管) 連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧動作/保管試験を実施。
塩水耐久 連続24時間の5%塩水噴霧後、24時間乾燥させる塩水耐久試験を実施。
耐氷結(凍結-融解、氷結) -10℃で結露や霧を発生させ1時間維持し、25℃、95%RHで動作確認及び、-10℃の冷却水で6mm厚の氷が張るまで氷結させる試験を実施。

と言うことで注視すべきは温度の耐久です。これなら寒い中自転車や原付バイクで走ったとしても、きっと大丈夫でしょう。なぜなら耐氷結も低温動作もしているんですから!!?w

torque g02は2年以上前の端末です。この後にg03が発売されている型落ちの端末ですが「最強」を売りにしている頑丈スマホシリーズです。性能は1.4GHzのクアッドコア(4コア)で割と性能が高いです。ほとんどのアプリを使っていてもストレスを感じることはありません。重めのゲームをやらない程度であれば問題なく動く端末です。一時期の一世風靡をしたスナドラ400なので現在の格安スマホの中身になっているものもあるぐらいですから、その程度の遊びの端末と思ってもらえれば問題ないです。またTORQUE G02 KYV35のメモリ容量は2GBあるため、軽めのアプリであればそこまで不満を感じることはありませんが、ゴリゴリマルチタスクするならつらいかもしれません。

このスマホをメインにしなくともwifi接続(またはテザリング)してあげて、uberアプリだけここに入れれば問題ないはずです。メイン・サブの状況になりますから1台で電池の持ちが心配と書き込みをしている方々もきっと救われるはずです。きっとこれで世界が救われるはず!?w

最後に

TORQUE G02はイオシス名古屋大須店で販売中。
価格は4980円(本体のみ)
たぶん法人用の何かが一気に放出されたのではないかとは思うので綺麗なのを探すといいと思います。