Uber Eatsで稼ぐなら「ブースト」が必要!

投稿者: | 2019年1月13日

さて前回名古屋のUberEatsは稼げないのか!?@ブーストを活用しようを書きました。登録してすぐはブーストというものがない中で、なか卯さんは良くよく頑張っていたものだと自分自身でも思います。なんせ1日やって3000円とかでしたからね…。

イカちゃん
ブーストブーストって言っても実際にどういうものかわからないけど…。

 

って思って写真撮ってきたのが今回の記事。

「ブースト」とは?

ブーストとは配達エリアごとに与えられた配達の報酬基本料金にかかる追加報酬です。ブーストは同日内でもずっと同じ倍率であり続けると言うわけではなく、時間帯によって倍率が変動しています。

 

ドライバー登録はこちらから可能です
※招待コード「RZ6GM2」が付帯しています

 

ブーストはエリアによって違う

今回のスクリーンショットで見てもらうと1.9倍~2.5倍(1.9x-2.5x)の追加報酬が出るのがわかります。
これは注文が多いエリアでは高倍率に設定がされていて、注文が少ないエリアは低い倍率になっているようです。 確かにドライバーアプリではなく、注文用のuberアプリで見てみると2.5倍エリアでは店舗数も多いです。ただ見てみるとわかりますが最も大きいエリアなので移動量も増えるために稼ぎやすいかと言われると難しい判断です。

どうやってブーストが決まるのか

この倍率は注文が多い時間に倍率が高く設定されます。お昼時とか夕飯の時間帯とかでしょうか。このような注文が多く殺到する時間に高倍率がつくようになっています。注意をしなければいけないのは深夜帯のような通常であれば金額が多くもらえそうな時間はあまり考慮されていない点です。深夜は労働力としては希少ですが、注文数も少ない時間になるので倍率が高くなるような状況にはなりません…。

どのエリアに行くのが最適か

エリアとしては2.5倍エリアに行くのが理想的に見えます。これは1オーダーに対して金額が全然違うからです。宅配員は自転車なのかバイクなのかにもよりますが、レストランから商品を受け取り、お客様に届ける時間帯はどのエリアでもやることは同じでかかる時間も同じはずです。つまり高倍率エリアに行くのが理想的でしょう…。

本当に最適解なのか

答えはいいえだと思っています。
実際に宅配をしていると感じますが2.5倍エリアに関しては上記思想を用いた人たちが大量発生します。2.5倍は飽和状態です。自転車で走っていると2.2倍エリア(名古屋駅付近)からのオーダーがバンバン飛んでくるんですね(特に伏見付近やエリアに近づいてしまうとですが)

あくまでも時間帯で区切られていて、店舗数や注文数を考慮した結果なので、そのエリアに宅配員がいるかは考慮されていないブーストシステムですから、みなさんもどこに行けばいいのかを考えながら配達してくださいね。

 

カテゴリー: uber